お待たせいたしました。
0
    JUGEMテーマ:
    こんばんは。滝川栗捨てる です。

    長い間滞っていましたブログにようやっと手をつけます。
    さぼっていて本当にすみませんでした。泣き顔
    言い訳すると、いろいろ人が抜けちゃってそれはそれは本当にショックで
    趣味でしているバンドとはいえ 何ヶ月もまるで蝉の抜け殻のようでした。

         ミーン ミーン ミーン。。。。。。困惑

    それでも時間は経って行くばかりで、このままではバンドがつぶれちゃう
    なくなっちゃう なんとかしなければ と毎週毎週あっちゃこっちゃで
    メンバー募集記事を更新 更新 そして 更新
    で、なんとか歯抜けだったアルサクがうまりました。
    テナーと金管が歯抜けです。
    いろんな手を使ってメンバーかき集めます。
    いろんな手。。。。。。枕。。。いやいやいや それは ないないない。
    黄色いお菓子。。。。。。使いたいが貧乏ゆえできまへん。

    とにかく今より悪くなることはないと思って前向きに進みます。
    あるベテランのホラ吹き じゃなかった ペット吹きさんに言われたんです。
    「ええときもある 反対に悪いときもある 今悪いときなら次はええ時がくる」
    ほんま そうやと思います。
    落ち込んでるバンマス励ましながら 支えながら、そして人数減っておもしろくなくなったと
    感じてるかもしれないメンバー支えながら、必ず「ええ時」がくるようにしますで。

    というわけで、落ち込んでる話ばかりしてもしようがないので 久しぶりに音楽の話でもいたしましょうねムード
    みなさんは どういう理由で音楽が好きになりましたか?
    質問がざっくりすぎますね。w
    何がきっかけで 演奏側になりました?
    私が学生のころは、ギターやバンドを始めた男の子の動機は、ずばり「モテたいから」みたいな話もよく聞きました。
    自分の中に誰でも アイドル が存在します。
    アイドルってたって AKB48のようなグループや嵐のようなジャニーズだけを指すのではなく
    音楽に惚れ込み、人物のかっこよさに惚れ込み、この両輪で自分の中でアイドルができるわけですね。
    私の場合、最初はクラシックからだったので ピアニストはウラディミール・ホロヴィッツでした。
    家にあった父親のレコード(あ 時代がばれてしまいますね)のホロヴィッツを聴きまくって聴きまくって
    育ちました。そしてこの人のような音を弾きたいと思いながら練習してきました。
    思うに、イメトレですね。今思えば。
    これ 大事だと思います。
    あの人のような音を出したい そう思いながら練習するって 凄く大事だと思います。
    下手っぴでも まったく近づけなくったって(プロの音になんか近づけない)、
    頭の中でその人の音をイメージしながら音を出すと 意外と 出なかった音が出ちゃったりするものです。
    ピアノの場合は ショパンのエチュード4番でしょうかね。
    私はホロヴィッツ と暗示をかけて練習すると指がまわったりして嬉しかったものです。
    遠い昔です。今はそこまで指が動きません  アハハ
    まぁ 一度お暇なときにでも聴いてみてくださいね。体育会系なみの指の動きがいります。w
    あ そうそう それに 私 昨年 普通二輪の免許取ったんです。中型バイクね。
    そのちっこい体で?って皆に言われます。
    そのときも イメトレ 役に立ちましたよ?
    先に大型バイク免許取得したバンマスや 教官に イメトレしろって散々言われましたから。
    で、私は 教習中ずっと頭の中でイメージしながら乗ってました。

    20××年。世界は核の炎に包まれた。文明社会は消え去り、世界は暴力が支配する弱肉強食の時代へと突入した。
    それから数年後、一子相伝の暗殺拳である北斗神拳の伝承者となったケンシロウ。。。。。。
    とその世界に私は現れる。
    そう!!もはや 私の頭の中で教習所のコースは核戦争で滅びた都会。。。。。。
    そこにバイクに乗って現れる ミラ・ジョボビッチ がこの私なのである。
    そうやってイメトレしてバイクの教習に励みました。
    バンマスや、教官に イメトレしてるかと聞かれ その話をしたら
    それはイメトレではく 妄想!! と言われました。笑

    まぁ 何が言いたいかというと、憧れの音や、目標とする音を持つってことは大事なんだということです。
    妄想だっていいさ。
    スタジオで私はかなり妄想しながら演奏してます。
    あ でも周りと合わすことは忘れないでくださいね。
    でないと合奏ではなくなります。

    ジャズを始めてからからは この人凄いなぁ と思ったピアニストがいます。
    それは 前田憲男氏 です。
    彼は高校を出てすぐ伊丹空港(現 大阪国際空港)の米軍キャンプでピアノを弾くようになりました。
    そのときに譜面をつくるよう頼まれレコードを耳コピして譜面を書きました。
    彼のピアノは独学で 譜面も独学です。父親から学んで以来ずっと独学です。
    そしてキューバン・ボーイズやシャープ とか日本を代表するビッグバンドに楽曲を提供するようになりました。
    私は耳コピしてピアノのアドリブを書き上げるのに相当時間かかります。
    完璧な耳コピにしたいあまり、かなりの時間かけて書き上げます。
    そしてそれで頭を悩ませてるときに 「前田憲男氏よ わらわの脳と指にのり移れ〜」 と念じながら書き上げて行きます。
    あ、彼 生きてますから。
    今は、ちょっと歩けば いろんな教室ありますね。
    ちょっとお金を出せば よい師匠に出会えることも。
    だから、苦労しなくてもなんとなく音が出、なんとなく譜面が読めるようになる、そんな時代です。
    そんな時代だからこそ、ちょっと音が出ない ちょっと吹けない だけで
    すぐあきらめてしまうのかもしれません。
    試すこともせずに 吹けない 無理です と言いながら やめちゃったメンバーもいました。
    でもね、誰も 完璧を求めてないです。
    私なんか 弾くたびに違っちゃってます。w
    みんな はっきり言って ど素人です。
    みんな同じ横に並んでます。アマチュアバンドです。
    今日 吹けなかったら 次は 今日よりは吹ける様にように努力すればいいんです。
    今日は今日でいいんです。
    なぁーんて 自分が弾けないことの理由にするために いろいろ書いちゃいました。笑

    妄想 いや イメトレ してくださいね。たまには。
    きっと楽しく演奏(練習)できますよ?

    さてと 今日も私は ミラ・ジョボビッチとなって走ってきます。
    そして滅びた街で助けを求めている人々を・・・・・もうええって

    最後に、これを読んでる金管さんがいたら 一度遊びにいらっしゃってください。
    ミラ・ジョボビッチがお待ちしております。。。。。。。ハート





     
    | SwingApes | 練習日記 | 20:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。