またまた雑学
0
    こんばんは。ヴェロニカです。

    先日の練習に退団されたTpの○西氏と、バンド立ち上げ当時にいた同じくTpの○ぶっちーが
    参加してくださり、実に半年ぶりにTpの音が入っての練習でした。
    もう感激して 涙があふれてきましたですよ。水
    てか まぁ みんなもTpの音に飢えていたので どうにかしなければと思いながらお声かけさせて
    もらいましたが、なんか自分のためにきてもらった感が凄いです。うふっきょろきょろ

    さて、その練習の帰りに こんなことが二つ話題にのぼりましたね。

    1.どうして、管楽器はみんなキーが違うん?
     C調にした管楽器は作れないん?はてな2
     管楽器は
     フルートのようにドって吹いたらドが出る楽器と
     ホルンのようにドって吹いたらファが出る楽器
     クラリネットのB管はドって吹いたらシのフラットが出る楽器
     アルトサックスのようにドって吹いたらミのフラットが出る楽器
     などなど、
     ドって吹いたつもりがドじゃないよ
     って楽器が結構あるんです
     ってなことが。

    私は恩師にこう教えてもらいました。
    管楽器の進化の過程において、一番いい状態の調の楽器が生き残ったんだよ と。
    (生き残る。。。私はあんまり長生きしたくない。。。ボケるまで長生きしとうない。
     ボケたらボケたもん勝ちだがそれでもあまり長生きしとうない w)
    現在あるサックスはB♭管とEs管の2種類ですが、最初はC管とF管のものも同時に開発されてるんです。
    でもいつの間にか廃れてしまったところを見ると、楽器として完成度の高い調の方が生き残った、
    ということなんでしょう。
    あと一つは運指の問題もある と教えてもらいました。
    例えば、フラットが5つとか、シャープが5つの調を演奏するとして、C調の楽器を使うと、
    指づかいが複雑になってしまいます。悲しい
    B♭管(♭2つの調)やF管(♭1つの調)を使うと、フラットが多い調を楽に演奏できます。
    A管(♯3つの調)は、当然シャープが多い調を演奏するのに便利です。

    2.移調について

     移調めんどくせぇーって思ってる人は結構多いんだなって思ったのが私の感想。

    私の場合勝手に頭と指が移調してくれるんであまり悩んだことがないです。
    だから説明して?教えて?といわれても 無理です(爆 。
    そういやぁサックスはE♭とB♭の移調楽器だよなぁ。
    だからC調の楽譜をそのまま吹くと、周りの楽器と違う音が出てしまう。。。
    テナーやソプラノのB♭楽器では記譜上で一音半上げ、アルトやバリトンのE♭楽器では同じく
    一音半下げることで楽譜が出来るんじゃないの?てな感じですがあってます?

    て 結構えらそうに書いてますが、実は私はアドリブが「超」がつくほど苦手です。豚
    だもんで、原曲を完コピして譜面におこします。
    自信がないときは、プロの師匠に見直してもらってます。
    とりあえず今のところはあまり訂正されたことがないです。
    でも、ここは このほうがカッコイイ っていうことはバンバン書き込んでくれますので
    私もそれをバンバン使わせていただいていますがね。
    だもんで、鍵盤の譜面起こしにいつも時間がかかって ごめんなさい。
    っていうか 下手っぴ鍵盤でみなさんにはいつも申し訳なく思っております。ゴメンヨ。。。

    金管の応募、なかなかないですね。
    金管きたら 本当 どの楽器よりも 熱烈大歓迎!!
    まぁ 地道にまた探します。
    あっちゃこっちゃあたってみます。。。。。。デモキタイハシナイデネ

    では、また。



     
    | SwingApes | 練習日記 | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。