しみついているもの?身についているもの?
0
    こんにちは。

    胸平京子です。お久しぶりですね。

    今日はちょっとからだや頭が覚えているために 役に立っていることや
    逆に ちょいと?って思いながらも過ごしていることにふれてみますね。

    当バンドのTbのセニョール・ハルは、5mを正確に計って歩くことができるそうです。
    それは何故か?
    彼はマーチング経験者だからです。
    5m=8歩、つまり1歩=62.5cmがマーチングでの歩幅なのです。
    仕事の現場で非常に役に立っているそうです。
    この胸平もマーチング経験者ですが、その歩幅を使うことは まぁ 日常ありません。
    胸平がマーチングの練習で思い出すことと言えば、メジャーバトンで天井の電球を割ったこと。。。
    胸平はドラメ(ドラムメジャー)だったので、メジャーバトンの技を必死こいてみがいてました。
    側宙をしたり、転回をしたり。はたまたメジャーバトンで2スピンやトスイリュージョンをしたり。
    すべての場面で踊ったりメジャーバトンを投げているわけではないのでこれも演出の一つ、
    という事です。効果的に、見せ場を作る。そして印象に残しショー全体をグッと盛り上げる!!
    あまりにいろいろ技をしようとするのであんたはバトン出身か と聞かれたことがありましたが、
    器械体操です。w
    まぁ それはおいといて、メジャーバトンは重たくて長くて、危険もたくさん・・・
    というわけで、天高く投げてしまったら そこは 音楽室で。。。。
    少々天井が高いつくりになっていたものの、結果はご想像のとおりです。
    電球が割れ、床と頭に電球の割れた破片が。。。
    顧問の先生からは「まぁ怪我がなくてよかった」の一言ですんでいたのに
    「設備課で電球発注しとかなきゃなぁ。」の先生の言葉を聞いて
    「ついでにバトンをスコッティメイスのダブルチェーンに買い換えるとか・・・」
    って言ってしまい、結局は怒られました。悲しい
    (気になるかたは、よく使われているアメリカンメイスとスコッティメイスの値段を検索してみてね。)

    とまぁ、セニョール・ハルのように役に立っていることはなく、苦くて笑い話になる62.5僂任靴拭

    あと、しみついているというか、音階の表記の読み方です。
    ドレミファソラシド。。。これはイタリア音階ですね。
    C(ツェー)D(デー)E(エー)F(エフ)G(ゲー)A(アー)H(ハー)。。。ドイツ音階
    で、胸平はこのドイツ音階が異常なほどにしみついている(?)ので バンマスが英語音階で
    話しているのをドイツ音階に脳内変換しながら聞いています。
    英語音階で♯が着いている音はメジャー、♭のついている音はマイナーをつけて呼びますね。
    イタリア音階ではG♯と書いてあれば「ジーメジャー」、A♭と書いてあれば「エーマイナー」と読みますよね。
    それも私の脳みその中では♯が着くと表記に「〜is」とつき、(読み方的には「〜ィス」となります。)
    ♭の場合は「〜es」とついて「〜ェス」と勝手にいちいち言い直しているわけで
    読み方も
    ♯がつくとCis(チス)Dis(ディス)Eis(エイス)Fis(フィス)Gis(ギス)Ais(アイス)His(ヒス)
    ♭がつくとCes(セス) Des(デス) Es(エス)Fes(フェス)Ges(ゲス)As(アス)B(ベー)
    となりますね。
    吹奏楽経験者だとわかってもらえるような気がしますが、胸平は4歳からドイツ音階できているので
    英語音階もわかっているのに ほんとにもう いちいちドイツ音階に読み直している自分の
    脳みそが嫌になることがあります。こういう人間のことを人は おバカ と呼ぶのです。
    そうです。胸平はおバカです。
    さらに 脳みそで変換されたものが口に出てくるので
    一人でぶつぶつ言ってることの多いのってなんの。w
    練習中に げろげろ とか ひぃ〜 とか ぐえっ とか 聞こえたら
    たいがい自分の脳みそと戦っている最中なので無視してください。

    頭の回転が遅いってほんとに大変なんです。ゴメンヨ
    あと、妄想中なこともよくあるので、気になさらずに練習に励んでくださいね。おばけ
    知らない世界に行ったままだな唖然 と気づいてくださったときには
    こっち側の世界に呼び戻してください。wスマイル

    と ここで気づいた人はいるかしら?
    体育館でもなく、運動場でもないところでなぜにメジャーバトンの練習をしたのでしょう。
    そう! まぎれもなく妄想中だったんですね。
    ここはマーチングコンテストの会場よっ 高くメジャーバトンをあげなければっ・・・・・
    てな感じで室内で妄想したあげくが 電球が割れるという状況になったんですね。

    あとは何があったかしら。。。
    セニョール・カルロス・○藤 のリズム感 とか 身についているすごいものですね。
    『風邪をひきたい』じゃなかった『風になりたい』のパーカッションソロ また聞きたいです。
    あれは鳥肌もんですね。ペンギン
    それから バンマスのセニョール・リオのリーダーシップ。
    あれも小さいころから身についているもののようです。
    それゆえに 自分がやらなきゃっ!!感がすごくて しんどくなるようです。
    しかも彼は胸平と違って頭が良いので よけいにいろいろと考えてしんどいのだと思われます。
    まぁ 次からは この胸平にも練習まかせなはれ。(頼りないですが一応元バンマスw)
    セニョール・モリモリもおります。
    セニョール・モリモリのリズム感や指導力も半端なく頼れるものがあります。
    これは長年の吹奏楽団で身につけられたものでしょう。
    そしてこの胸平、スコア譜みながら妄想することは おそらく 多分 ないと思います。
    でも万が一よだれを垂らしていたり一人で笑っているのをみつけたらこっち側に呼び戻してください。モグモグ

    妄想はみについている もの ではなく みにつけてしまったもの ですかね。
    いや、生まれながらにもっているものですね きっと。

    しみついている?  身についている?

    身にしみついている が 正しいというお話でした。?

    あはははぁ。。。じゃぁ 今晩もミラ・ジョボビッチになってバイクであっちの世界へ
    行ってきまぁす。あははははは







     

    | SwingApes | - | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    トラックバック機能は終了しました。